夜型DTMerの備忘録

DTMに関係あることとか無いこととかを書き留めた何か

CubaseでDominoみたいなオニオンスキンを使う

 お久しぶりです、すっかりブログから遠ざかっていて200日ぶりです。現在はこっそりボカロ曲を作りつつ、同人ノベルゲー製作にサウンド担当の一人として参加したりしております。よろしければサイトに立ち寄ってやってください。

 

CubaseでDominoみたいなオニオンスキンが使いたい...!

 便利ですよね、Dominoのオニオンスキン機能。初めてDAWを購入してからなかなか打ち込みを完全にDAWのほうに移行できず、Dominoに頼ってしまう一因だと思います。Cubaseでもこれをやりたいと長年思いつつ、調べてもいまいち良いやり方を見つけられていなかったのですが(私だけ?)、先日ついにやり方を知ったので書き残します。わかってしまえばあっさり出来てしまいました。

 

 まずはトラックを作り、色を付けます。色の付け方は画像の鍵盤マークのところをctrl+左クリックでできます。

f:id:Amool:20180327091814p:plain

 

 こうしてお好みの色を付けたら次にオニオンスキンさせたいパート、イベントを複数選択します。全部選択ならctrl+Aでショートカットできます。こんな感じ↓。

f:id:Amool:20180327092314p:plain

 

 これで編集したいイベントをダブルクリックして打ち込み画面に行くとアクティブなパートは濃く、それ以外は薄く表示されていると思います。まあこれはこれでも便利ですが、色が一緒なのでどれがどのパートか分かりにくい...。そこで次の画像の赤丸で囲った部分を左クリックして「パート」を選択します。

f:id:Amool:20180327092923p:plain

 

 すると...何ということでしょう!Dominoで見慣れたあのオニオンスキンがほぼ再現されているではありませんか。一年以上もCubaseにはオニオンスキン機能が無いと思っていたのにこんなにあっさり解決するとは...。

 ただベロシティで色が薄くなったりしないのでそれがちょっと物足りないですかね。そこはまあ我慢しましょう。

f:id:Amool:20180327093250p:plain

 

 

 上の説明はCubase Pro 8.5のものなので他のエディションやバージョンでは仕様が異なるかもしれませんがご了承ください。余談ですが、今まではトラックに色づけするのは面倒でほとんどやってなかったのですが、色を付けると見やすいし、画面がカラフルで打ち込みが楽しいことが分かりました。ぜひやってみてください。